• 予備知識
  • > >
  • 商品CFDの取引商品について
  • 商品CFDの取引商品について

     金 GOLD
     
    金は宝飾品向けを中心とした「商品」としての側面と、国際的な政治・経済・金融情勢を反映する「マネー」としての側面をもちます。「最もカネに近いモノ」と呼ばれ、スーパー・コモディディーとも言われています。
     
    供給
    生産は南アフリカが15%を占めますが、同国の鉱山は1970年の1000トンをピークに減少し続けています。一方増加傾向にあるのがアメリカ、オーストラリア、インドネシアやペルーです。
    二次供給として、宝飾品、歯科材料、エレクトロニクス製品、その他スクラップからのリサイクルもあります。 IT、医療分野などの伸びを受けて半導体の使用量は増加傾向にあります。 しかし、生産者は価格変動に備えて、商品先物取引とオプション市場を利用してリスクを回避している場合が多く、 近年はこれが市場の圧迫要因となっているとの指摘もあります。
     
    需要
    宝飾用需要は全体需要の約8割を占めています。インドでは農家が収穫後に得た現金を金に変える傾向があり、 同国は世界最大の消費国となっています。 その他の分野でも、エレクトロニクスでは半導体、集積回路、トランジスタ、また歯科などがあります。 金はインフレ時、紙幣が紙くず同然になってしまうような状況でも価値を失わないとされ、有事に備えて退蔵される場合があります。現在はデリバティブ等の存在のため、この需要は減少傾向にあります。
     
    価格変動要因
    <上昇> 
    国債相場の暴落(金利は高騰)・インフレ懸念は金価格の上昇につながります。 円高は国際商品である貴金属の価格を下落させます。ただし、ニューヨークの株安と米国債の下落は、円高ドル安をつくりだすため、日本の金市場では価格を下げる要因となります。
    また環境問題が取り上げられると、操業採算割れとなって閉山となり、産出量が減少します。
    一次産品価格や原油価格の上昇は、金価格の上昇につながるとされおり、注目要素です。(金価格が安値圏に入ると現物の需要が増加して、底値の下支え要因となる。
    金は、インフレに強いというのは本当で、近年にも再確認されたばかりです。他の貴金属の価格上昇・ファンド筋の買いなどが挙げられます。
     
    <下落> 
    金は持っているだけでは利子がつかないので、利子率が高くなると、地金を手離し利子率の高い商品への乗り換えが増加し金は値下がりします。
    また、ドル高が見込まれると、投資資金は金からドルにシフトしやすいため、金価格は下がる方向へ働きやすい。採掘条件、労働条件の悪化は、生産量を低下させ、生産量の低下は、金価格の上昇につながります。 産金コストの低下は鉱山会社の採算を改善させ、ヘッジの売りや新規鉱山開発が増えます。 宝飾品としての金は不況になると需要が低下します
     
     
     銀 SILVER
     
    銀は最近、宝飾品としても大きなブームになっていますが、特に若者間でその人気が高まっています。さらに銀は、工業向けの需要、写真フィルム向けの需要、銀製器としての需要などもあり必要性の高いものとなっています
     
    供給
    銀は、銅、亜鉛、鉛の副産物として産出される事が多いです。 現在、銀鉱石からの生産は減少傾向にあり、副産物からの生産が圧倒的に多くなっています。 また、銀は二次供給でも増加傾向にあります。 貴金属のなかで需給の規模が大きく、回収システムが整備されていることがその要因として挙げられます。
     
    需要
    全体として需要は増加傾向にあります。 用途としては、宝飾品、銀製品、貨幣、写真用フィルム等に利用されています。 写真産業では硝酸銀としてフィルム、レントゲン、印画紙などに使われており、写真用フィルムは全体の25%を占めていましたが、近年のデジタルカメラの普及により今後は伸び悩むと思われます。 一方、加工用需要としては、伝導性、伝熱性を生かしてエレクトロニクス、電池、はんだなどに使われています。
     
    価格変動要因
    現在、メキシコ、ペルーでは外貨獲得のための銀の増産をしており、この2国で約60%のシェアを占めています。 産出量の多いメキシコは、多額の対外債務を抱えており、この処理を金・銀・銅・鉛などの輸出に頼っており、この不安定な経済状況は不安材料でもあります。 また、銀は金を比較した場合、金の価格に比べて割安だと買われ、割高だと売られる傾向にあります。非鉄金属相場の影響もうけやすく、たとえば亜鉛やニッケルが多く採掘されればそれだけ多くの銀も採掘されるため、価格は押し下げられる傾向にあります。
     
     
     銅 COPPER
     
    銅は、LME(ロンドン金属取引所)で取引されている非鉄金属の代表格です。
     
    供給
    銅の元となる銅鉱石は、チリを中心にした南米、インドネシアを中心とした東南アジア、アメリカ・カナダの北米を中心に産出されています。首位のチリは36%のシェアを誇り、
    続いて米国が8.2%、インドネシアが7.2%のシェアを握ります。
     
    需要
    工業をはじめあらゆる分野においての電気器具の配線、部品、回路などに使われています。これは銅が他の金属とくらべ高い電気伝導性を持つこと、銅以上の電気伝導性を持つ物質(銀など)と比べてコストが格段に安いことが挙げられます。
     
    銅は電力や通信向けの電線のほか、空調機や電子部品などにも使えます。 2004年の世界消費は約1640万トン、日本では約120万トンでした。 電線が需要の大半を占めるため、インフラ整備が進む過程では需要は伸びます。 中国はこの10年で急速にその消費量を拡大し、02年には米国を上回り世界最大の銅消費国になりました。
     
    価格変動要因
    銅の価格変動の要因は中国からの需要が一番に挙げられます。今後の中国の経済発展、都市化の動向、及び在庫水準の動向は、銅市況に影響を与える要因として大きな注目を集めています
     
     
     原油 CRUDE OIL
     
    原油は鉄鉱石と並んで最も重要な鉱物資源であり、原油から精製される石油製品は、世界中のあらゆる産業で貴重なエネルギー資源として使用されています。 2001年時点で全輸出量の約5割を占めるOPEC加盟国では、輸出によって2100億ドル以上の富を得ています。
     
    特性
    原油とは油田から採掘され精製されていない状態のものを指し、 採掘後に、水分と異物等を除去したものが原油であり粘り気のある黒い液体です。 これを精製することによってガソリン、灯油などのさまざまな石油製品になります。 流通量1位はやはりガソリンとなっています。
     
    供給
    OPEC(石油輸出国機構)という国際カルテル機関があり、 その動向は相場への影響を考慮し注目されています。 また、これらの国々は政情が不安定な国が多く、これは安定供給への不安要因のひとつとなっています。
     
    需要
    国別で見ると、米国の消費量は圧倒的に多くなっています。 これに欧州、日本が続きます。 最近では急速な経済発展を遂げる中国やアジア地域でも原油消費は大幅に伸びています。 ガソリン、灯油、軽油ともに原油を精製して製造するため、用途としては多岐にわたります
     
    価格変動要因
    需要が大きく、世界の商品市場で最大の市場規模を誇るのが原油といわれています。 しかしながら、生産地域がロシア、中東などに限定されており、供給面に不安を抱える商品とも言えます。
     
    激しく変動する原油の背景には、常にOPECが存在します。 最近、OPEC各国による原油生産の引き締りにより価格が高騰しました。 また世界最大の原油消費国、米国の景気動向にも注意が必要です。 原油から作られるのはガソリンだけでなく、灯油やナフサなどもあります。それらの製品との製造比率の変動により、ガソリンの供給量は変動し、価格に影響します。
     
     
     大豆 SOYBEAN
     
    農産物は、通常一年に一回だけ生産(収穫)されるので、工業製品のように需要に見合った生産調整をすることが困難であり、産地における作付状況や気象条件が特に大きな価格変動要因になります。
     
    大豆は最初に食用を主として、その後搾ると食用油になることが発見しました。これは黄色の大豆油の由来です。
     
    アメリカの大豆の栽培は通常4月初めから5月初めの間に、整地して働くことを始めて、5月上旬から下旬の間に完成して種をまきます。大豆の正常な成長期は大体4ヶ月で、そのため5月に種を撒いた作物は9月までやっと収めることができます。もし種をまく前の準備作業は気候の影響で遅延を受けるならば、大豆の収穫は秋季の10月になります。
     
    一般の農作物は(例えば、トウモロコシ)生長の時に土壌の中の窒素を吸収しなければならない ,ところが大豆は生長の時に窒素を回転して土壌の中で貯蓄します。土壌の平衡を得るおよび収穫量を高めるために、部分の土壌性質のわりに劣る地区はよく大豆とトウモロコシが交代耕作物として見られています。アメリカは世界の大豆生産量がもっとも高い国で、全世界の生産高の5割以上を占めています。産地は主に五大湖の南方に集中して、そのためそこの気候の状況を大豆トレーダーらは常にチェックしており、ミシガン湖の南岸にあるイリノイ州の州都のシカゴは、自然にアメリカ穀類の現物と先物の取引の要衝になりました。アメリカ以外、ブラジル、中国とアルゼンチンも大豆の重要な生産国です。中国の大豆生産が自給自足を目標にするため、輸出国は主にアメリカ、ブラジルとアルゼンチンとなります。
     
    価格変動要素
     
    供給と需要
     
    供給の方面はアメリカ、ブラジル、アルゼンチンなどの輸出国の生産状況は観察の重点で、およそ農業政策、栽培面積、在庫量、産地の気候などはいずれも供給の数量に影響します。需要について、直接に黄粉と大豆油の影響を受けるため、供給と需要の事情は密接な関連性があります。その中、黄粉は貯蔵に耐えないため、在庫量はいつも低くて、需要に対しての敏感度はわりと高くて、大豆の需要を動かす要因としては注目されます。大豆油の部分では、代替品が多いため、大豆の需要に対する影響力は黄粉に及ばないです。圧搾過程の中で、黄粉と大豆油は同時に作られたが、値する割合およそ3:2、そのため大豆油は常に黄粉の副産物として見なされます。
     
    季節的な循環
     
    農産物が成長する季節の影響を受けるのは非常に明らかで、大豆の価格は一般的に第三季の収穫期限に供給が増加するため、この期間の価格は最低で、その後次第に第2季まで上がります。黄粉と大豆油は、大豆を収穫した後でやっと生産を行うため、数量上でいつも収穫の期限の後で1ヶ月から2ヶ月までやっと大幅に増加することができます。しかし需要量もこの時になるのが最大で、価格に下落させる要素は相殺されます。黄粉については、需要は通常冬季にピークに達成し、そのため価格は秋の末、冬の初めから年末まで上昇します。他の上昇は初春の低い時から夏の末に高い時に上がります。大豆油の季節循環は比較的に明らかではありません、高い時はよく上半期に、安い時は下半期に現れます。
     
    気候の条件
     
    主要な産地はアメリカ、ブラジルとアルゼンチンなどのようです。種をまいてから収穫までの期間に気候条件は大豆の生産量に対して決定的な関係があって、特に発芽期の温度および花と芽が咲く時期の湿度は一層重要です。
     
    代替品
     
    大豆の代替品は主にトウモロコシなどがあります。成長する気候と用途の上の相似のポイントが多いため、大豆、トウモロコシの価格比は一定の関係を維持して、大体2.5ぐらい変動があります。栽培面積は価格の力強い商品に対して傾き、更に生産高に影響を齎します。黄粉の代替品は魚粉とその他の穀類の高蛋白粉があります。飼料の価格は家畜の価格とも一定の関係を備えて、家畜の価格が有利な時に飼料の組成成分の比率は高蛋白の本質的な黄粉を加入することに傾向します;これに反して、もし家畜の価格が不利な時ならば、炭水化物的なトウモロコシの粉を加入することを主とします。大豆油はパーム油、菜種油、ヒマワリ油、ヤシ油、落花生油とオリーブ油などの植物油の価格変化に参考します。しかし、研究の時にやはり地域性の要素を考慮しなければなりません。アメリカは大豆油とヒマワリ油を主として、アジアはマレーシアとインドネシアのようにパーム油を主として、ヨーロッパのいくつかの地方はイタリアのようにオリーブ油などに凝ります。
     
    為替レート
     
    大豆の輸出国はいくつかの国家に集中するため、特にアメリカ、為替レートの変動はその輸入コストに対して一定の関係があって、ドルが他の貨幣に比べて強い勢いを持つ時、大豆は他国の貨幣価値に計算するとわりに高くて、そのため米国の輸出量に対して一定のマイナス影響があることがありえます。
     
    商品間の関連性
     
    大豆は副産物(黄粉、大豆油)、代替品(トウモロコシ)、豚、羊など家畜と複雑な関係を持つため、値段を予測する時に多様な商品の値動きをチェックする必要があります。これらの商品の先物週足チャートを比較しますと、その中に大豆、黄粉、大豆油、トウモロコシなど商品の値動きとの連動性が観察されています。
     
     
     小麦 WHEAT
     
    小麦はもっとも重要な穀類として、重要な地位を占めます。小麦は、イネ科に属する越年草で、最もポピュラーな穀物のひとつです。メソポタミア(現在のイラク)近辺を原産地とし、高さは数十センチ程度、白っぽい小さな花を咲かせ、収穫期には堅い実をたわわに実らせます。この実は多くの場合、粉やお酒の材料となり、パンや麺類、アルコールなどに形を変えて、人々の最も基本的な食卓の部分を支えます。
    小麦は寒さに強い植物であり、その多くが、乾燥地帯や寒冷地域で栽培されています。長雨に弱いところがあるので、南アジアなどのような高温湿潤な場所にはあまり適しません。日本などでは乾燥している冬のうちに種を播き、長雨の降り始める初夏に収穫することが多いようです。夏の植物である米と組み合わせて二毛作を行うところも多いと言います。
    生産量については、全世界で5.8億トン(2001年現在)に達し、6.1億トンのトウモロコシ、5.9億トンの米に次いで多いです。作付面積が最も大きいのは中国で、3000万ヘクタールに及び、これは日本の面積にほぼ匹敵します。次いで、インド、ロシア、アメリカ、フランスの順となり、日本でも70万トンほど(全輸入量の約1割強)が生産されています。なお、日本で使用される小麦粉のほとんどはアメリカ産かカナダ産、オーストラリア産と言われています。
     
    小麦の分類標準は非常に多いが、現在では、大体麦粒の色(赤あるいは白)、および種、実の組織(硬質小麦、中間質小麦、軟質小麦)、種まきの季節(春あるいは冬)など3つの標準によって分類しています。
     
    価格の変動要素
     
    供給要素
    世界の主要な小麦生産国は中国大陸、ロシア、アメリカ、インド、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリアなどです。その中、ソ連が解体していない前に世界で最大の小麦生産国で、しかし解体後、中国大陸は追い越して第1になっています。アメリカの生産高はかなり安定し、ずっと第3位を占め、同時に世界で最大の輸出国で、輸出の割合は年間生産量の3分の2ぐらいを占めています。カナダはアメリカの次、第二の輸出国です。ロシアと中国はもっとも生産が高い国ですが、国内の人口が多いため、消費量は巨大で、逆に主な輸入国になっています。
     
    季節の要素について、冬小麦が秋に種をまくため、真冬の中に成長して、そのため種は厳冬の大雪の保護でゆっくりと成長しています。もし暖かい冬の現象が現れるならば虫が繁殖して種を食べてしまって、1年の収穫をあけるのが非常に大きいことに影響します。それ以外に、もし冬が短すぎるならば、小麦に対する成長もよくないです。雪溶けが早すぎると小麦の根部が春での発芽期に霜害を受けることを招くため、2月中旬の天気は観察の重点です。
    その次、初期頭部の形成段階は小麦が最も弱い時なので、この段階小麦は必ず受粉することを完成しなければならなくて、正常に言って、時間は5月の初めになっています。温度が受粉に適しなければ完成することができなくて、そのため、いったん受粉して完成して、頭部も一定の形を備えた後に、冬小麦の価格は急速に下がることができます。最後、冬小麦の成長は最後に収穫を待つ段階に入って、この段階で気候に対する要求は熱い夏なのです。多すぎる降雨量と一般気温より低い気温は冬小麦の刈り取ることに役立ちません。
     
    需要の要素
    市場の状況を分析するために、まず異なっている麦種類の主要な用途を理解しなければなりません。
     
    赤の硬い質の春小麦---主要な用途はパンの原料
    赤の硬い質の冬小麦---主要な用途はパンの原料
    赤の柔らかい質の冬小麦---ケーキ、ビスケット、カステラなどに多く用いています。
     
    以上の資料から小麦の主要な用途は大部分が食品を製造することが分かって、その他の農作物に比べて、小麦が家畜の飼料としての割合はかえって高くなっていません。このため、需要の状況は供給に比べて比較的安定し、個人の収入の状況に比例しています。小麦の主な輸入国は日本、インド、中国大陸、東ヨーロッパ、オーストラリアなど、特にこれらの国家の作物は減って、或いは国民所得を上昇する時、小麦に対する需要が現れます。
     
    それ以外に、政府の輸出政策も需要に大きな影響要素として挙げられます。アメリカ政府は常に小麦を輸入する国に関連農産物の援助を提供して、低い金利の貸付けなどを提供しています。そのためこれらの国、中国、南米、および東ヨーロッパなどの国とアメリカの政治関係は小麦を輸入する時の条件を左右し、更に小麦の価格に影響しています。それは、先物の製品の中で特殊な価格を影響する要素と言えます。もう1つの比較的に特殊な要素は米ドルの為替相場です。もし米ドルが主な輸入国通貨に対してレートが大幅に上昇すれば、需要を下げることになります。これによって、アメリカ小麦の輸出量を減らします。逆のケースでは需要を上げ、米輸出量を高めます。
     
     
     トウモロコシ CORN
     
    トウモロコシ(corn)は、イネ科の一年生植物。穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(トウモロコシスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達します。世界三大穀物の一つです。
     
    価格変動要素
     
    ◆供給と需要
     
    トウモロコシの世界全体の生産量は、2009年に約8億1700万トンで、うち米国が3億3000万トン以上を生産し、4割程度を占め世界最大の生産国となっています。またアメリカは世界最大の輸出国でもあり、シェアは6割を越えます。このため、アメリカの主要生産地帯の天候により世界の在庫量・価格が左右されます。
     
    日本はトウモロコシのほとんどを輸入に依存しています。その量は年間約1600万トンで、これは日本の米の年間生産量の約2倍です。日本は世界最大のトウモロコシ輸入国であり、その輸入量の9割をアメリカに依存しています。また、日本国内で消費される75%は家畜の飼料用として使用されています。
     
    ◆天候及び作付面積
     
    また、作付け時の天候も大きな要因となります。米国の農家はまずトウモロコシを作付けし、次いで大豆を作付けします。トウモロコシの作付け時期に降雨等が続くと、トウモロコシの作付けを放棄して大豆を作付けすることになり、トウモロコシの作付面積は減少することになります。反対に作付けに適した天候に恵まれると作付面積は増加します。
     
    世界のトウモロコシ供給の鍵を握る米国の生産量は、米国中西部の天候次第であると言っても過言ではありません。特に、受粉期に乾燥・高温といった天気に見舞われると、受粉障害が発生し、大減産につながります。当然、市場価格は産地の天候にも左右されます。毎年受粉期を迎える7月下旬から8月にかけて天候を主材料として乱高下する天候相場を演じることになります。
     

    © TOGAKU Securities Co.,Ltd. AboutPrivacy policy取引リスク等の重要事項重要事項関連(約款・取引説明書等)スマートフォン